お食事

房総の鮮味と、
美味い日本蕎麦を味わう。

FOODS

漁港直送の海鮮料理 × 本格日本蕎麦。

里見の湯のダイニングは、ゆったりとくつろげる快適な空間と、日帰り入浴施設の食事処の枠を越えた「本気の美味しさ」を堪能いただける「レストランSATOMI」。上質な地魚が水揚げされることで有名な勝山・保田漁港の入札権を活かし、新鮮な魚介類を毎日仕入れ、本格的な房総地魚料理を提供しております。また、湯上りの火照った身体にはウレシイ本格的な日本蕎麦もご用意しております。

SATOMI

木の風合いを大切にした明るい店内。里見の湯ご利用のお客様も、お食事だけのビジターのお客様もご利用いただけます。絶品のソフトクリームやスイーツを楽しめるカフェとしても営業しております。

  • 魚のこだわり

    魚のゆりかご・東京湾からの栄養豊かな水と黒潮がぶつかる房総屈指の漁場を抱える勝山漁港の入札権を持つ里見の湯では、毎朝獲れたての新鮮地魚を厳選して仕入れることが出来ます。

  • 野菜のこだわり

    肥沃な大地が広がる南房総エリアは野菜の宝庫。冬知らずで年間を通して様々な野菜が育てられています。里見の湯では近隣の農家の皆様と提携し、季節の採れたて地場野菜を直接仕入れています。

  • 蕎麦のこだわり

    蕎麦打ち名人・永山寛康 監修による美味しいお蕎麦は、里見の湯自慢の味。こだわりの蕎麦粉で打った薫り高い蕎麦と、地元の旬食材を組み合わせた「季毎( きごと)の蕎麦」をご提供しております。

美しい里海から朝獲りの活魚を、仕入担当が目で見て手で触れて
地元勝山・保田漁港で直接買付け。

里見の湯は、鋸南町勝山と保田両漁業協同組合公認の鮮魚仲買人会員です。

東京湾の湾口周辺、外海と内海の潮流がぶつかる辺り、つまり房州の内海は、おいしい磯魚の宝庫として有名です。アジ、サバ、ムツ、イワシ、キンメダイ、イナダ、ヒラメ、スズキ、タイなどなど魚種も多彩で数え上げたらきりがありません。タコ、イカ、サザエ、アワビ、ハマグリなど他の魚介も豊富です。レストランSATOMIの魚介担当者は毎朝、期待を胸に両漁港に駆けつけます。「今日もお客さまに喜んでいただけるぞ…」珍しい魚種や目当ての極上品が手に入ると、思わず笑みがこぼれてしまいます。

今日も逸品を求めて真剣勝負。

今日も逸品を求めて真剣勝負。

  • 豊富な種類の磯魚が毎朝水揚げされる。

    豊富な種類の磯魚が毎朝水揚げされる。

  • 水揚げを終えた漁船が休息中の勝山漁港。

    水揚げを終えた漁船が休息中の勝山漁港。

  • 勝山の隣の保田漁港は広くてでっかい。

    勝山の隣の保田漁港は広くてでっかい。

蕎麦打ち名人・永山寛康 監修「美味しいお蕎麦」

この度、ご縁があり「里見の湯」の蕎麦を監修致しました。
自然に恵まれ様々な産物があふれますこの南総の地で、
蕎麦という素朴でぼくとつとした素材を活かすことを主題の提示部にし、
蕎麦の気軽な楽しさを再現部にとイメージ致しました。
言わば『蕎麦のソナタ』で御座います。
そして何よりも、皆様に美味しく召し上がって頂けるように心がけました。
今後は、更に地元の食材を使って「季毎(きごと)の蕎麦」を
充実させてまいります。蕎麦が良く響き渡るように、私も懸命にタクトを
振りますので、耳ならぬ舌を傾けて頂けますよう御願い申し上げます。

永山寛康
profile

1957年(昭和32年)生まれ。21歳でそば打ちの世界に入る。名人と名高い片倉康雄・英晴父子に師事、 そば打ちの基本を学ぶ。修業系列店での店長に就任後、数カ所のそば教室を立ち上げ、主任講師・校長 の経歴を経て2004年より主としてプロを指導する「永山塾」を開塾。長年研鑽を積んだそば技術やそば 料理の技術を多くの人に教える。その感性豊かなそば打ちやそば料理の指導に、プロアマ問わずファンは 多い。テレビ・ラジオの出演に加え、近年はそば関連企業と提携して、国内外の開業希望企業やそば・う どん店等への技術指導に活躍中。

主な著書

「そば・そば料理の新しい世界」(旭屋出版)
「ソバ・そば・蕎麦の楽しき人生」(小学館101新書)
「新感覚のそば・そば料理 つけ汁かけ汁便利帳」(旭屋出版)
「永山寛康のそば・そば料理大全」(旭屋出版)